HOME > 進行した歯の歯周病 > 歯肉縁下歯石

診療案内

進行した歯の歯周病

歯肉縁下歯石

歯肉縁下歯石とは・・・?

歯肉縁下歯石とは、歯ぐきの中(歯周ポケット・歯の根っこ)に付いている歯石です。

歯周病治療において、最も重要となるのは、この歯肉縁下歯石の除去なのです。

歯肉縁下歯石は、歯周ポケット内に入り込んだプラーク(歯垢)が歯磨きでは除去できず、石のように固まり歯肉縁上歯石よりも硬く、黒っぽい色をしており、歯肉縁上歯石と同様に、専門的なクリーニング(スケーリング)でしか取り除く事は出来ません。

歯ぐきの中に潜んでいる歯石は、その中にいる歯周病菌が出す毒素によって歯ぐきを腫れさせ、歯を支えている顎の骨を溶かしていきます。
その為、歯石を除去せず放置していると、歯周病が悪化し最終的には歯がグラグラとしてきて抜け落ちてしまいます。
歯周病は自覚症状が出にくい為、気がついたら「歯がグラグラしてる!」
ということになってしまいます。

歯肉縁下歯石の除去はスケーリングとともにルートプレーニングも必要になります。

ルートプレーニングとは・・・

PAGE TOP