HOME > 進行した歯の歯周病

診療案内 進行した歯の歯周病

クリーニング

クリーニング

歯科衛生士が、特殊な機械と材料を使用し、バイオフィルム(プラーク)や歯石、ステインを丁寧に除去します。細菌量を抑えることで、歯ぐきの炎症や歯周病を健康な状態に戻します。

詳しくは、こちら »

ルートプレーニング

予防法

プラークや歯石は、歯ぐきに隠れた目に見えない部分にも溜まります。
歯根(ルート)面についたプラークや歯石、汚染物質などを特殊な器具で取り除いて表面をツルツルにし、再び汚れや細菌が付かないようにします。

詳しくは、こちら »

歯肉縁下歯石

予防法

歯ぐきのラインより下にある歯石の事を言います。
歯周病になり歯周ポケットができると、歯石はポケットの中にも付いてきます。
歯肉縁下歯石は歯肉縁上歯石に比べ、とても強固に付いていて、歯周病を悪化させる原因になります。

詳しくは、こちら »

PAGE TOP