HOME > PMTCぺリオドクリーニング > PMTC

診療案内

PMTCぺリオドクリーニング

PMTC

PMTCの必要性

歯周病は歯の病気ではなく、歯肉(歯ぐき)や歯槽骨(あごの骨)など、歯を支えている周囲組織の病気です。
歯周病は細菌によって引き起こされる感染症です。

クリーニングの回数は、歯周病の進行状態で違ってきます。
歯周病の進行が進んでいる人程、回数が多くなります。
途中でやめてしまうと、歯周病は改善されることはなく、どんどん進んでいってしまい、いずれは歯を抜かなくてはいけない状態になってしまうので、あきらめずにクリーニングを続けましょう。 必ず改善されます。

定期的なPMTC

PMTCによって歯周病が改善すれば、定期的なメンテナンスに移ります。
定期的にきっちりとメンテナンスを行えば、歯周病の進行は食い止める事ができます。

バイオフィルムは約2ヶ月で新たに形成され始めるので、メンテナンスが必要になってくるのです。
せっかくPMTCで改善されたのに、そこで終わってしまうとまた元に戻ってしまうので、必ずメンテナンスに来て下さい。

メンテナンスの間隔として、まずは1ヶ月後、その後は、その人のお口の中の状態で、2ヶ月、3ヶ月…と間をあけていきます。
あまり間をあけすぎず、お伝えした時期に来て頂くようお願いします。

PAGE TOP