HOME > 薬物療法 > 次亜塩素酸

診療案内

薬物療法

次亜塩素酸水

次亜塩素酸水とは・・・

本来、私たちの体の中にも備わっている殺菌成分の『次亜塩素』、それを、電気分解しお水にしたものが次亜塩素酸水です。

次亜塩素酸水は、バイオフィルムという細菌を覆っている膜(例えると排水溝のネバネバです)を破壊して、中にいる歯周病菌を殺菌してくれます。

東京口腔再生医療センターでは、スケーリング、ルートプレーニングに加え、この次亜塩素酸水を使用して歯周病の治療を行っていきます。

次亜塩素酸水は、歯周病菌だけではなく、体に害なくさまざまな細菌を殺菌することができます。

例えば・・・

1・おもちゃの除菌・哺乳瓶の除菌
2・水道の蛇口の除菌
3・お風呂のカビ予防
4・食器・まな板の除菌
5・インフルエンザウイルスの除菌
6・ペットの消臭、除菌
7・歯ブラシの除菌

 

など様々な用途があります。
詳しいご利用方法は、ご来院の際ご相談ください。

次亜塩素酸水

※治療の際は、高濃度の次亜塩素酸水を使用しますが、ご自宅でも、うがい薬として使っていただけるよう、
改良したホームケア用品『オーラル・ウォーター』も販売しております。
クリニックでは、高濃度次亜塩素酸水で歯周病菌をやっつける!
ご自宅では、オーラル・ウォーターで歯周病菌を予防!
Wのパワーで、歯周病菌とさよならしましょう★

PAGE TOP