HOME > 歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは

歯周病は歯の病気ではなく、歯肉(歯ぐき)や歯槽骨(あごの骨)など、歯を支えている周囲組織の病気です。
歯周病は細菌によって引き起こされる感染症です。

自然に治ることはなく、治療しなければ確実に進行していきます。

歯周病は、まず歯肉が炎症を起こす歯肉炎から始まります。

歯肉に炎症が起きて腫れると、歯と歯肉との間の溝(歯肉溝)が深くなります。これを歯周ポケットといいます。歯周ポケットにはプラーク(歯垢)がたまりやすく、かつ取り除きにくくなります。

また歯周ポケットの奥には酸素が届きにくいので、酸素を嫌う性質の歯周病菌(嫌気性菌)が繁殖しやすくなります。
歯肉炎を放置しておくと炎症が歯根膜や歯槽骨まで広がり、歯周炎と呼ばれる段階になります。さらに進行すると炎症によって歯槽骨が溶けていきます。そして、ついには支えを失った歯が抜け落ちてしまうのです。

図

さらに、歯周病は歯や歯周組織を失うばかりでなく、様々な全身疾患と密接に関係していることが分かっています。

歯周病の原因は?

直接の原因は、やはりプラーク(歯周病菌)と歯石プラーク(歯垢)が歯周病を引き起こす直接的な因子です。
(プラークは歯の表面に付着している白色あるいは黄白色のネバネバした沈着物です。)

歯肉炎、歯周炎はプラークを取り除くことにより改善していきます。

プラークは、食べ物のカスのように思われている方がいますが、実際は歯周病菌や虫歯菌が作り出した自らを守るためのネバネバしたバリアー(バイオフィルム)です。

バイオフィルムとは?

バイオフィルムとは、台所や風呂場の排水溝にこびりついているネバネバベタベタした物質と同じです。
これらは水や薬液で洗っただけでは落とすことはできません。ごしごしこすって取り除く必要があります。

プラークも同様で、水や薬液だけの洗浄では落とすことができません。歯ブラシでしっかり磨き落とさなくてはならないのです。
プラーク1mg中に1億個以上という数の微生物が存在するといわれ、そのなかの歯周病菌や虫歯菌が排出した酸によって、歯や歯肉、歯槽骨などが破壊されていきます。
歯石はプラークが石灰化によって石のように硬くなったもので、歯の表面にしっかりとくっついています。目で見える歯石を歯肉縁上歯垢、歯肉に隠れて目では確認できない歯石を歯肉縁下歯石と呼びます。

歯肉縁上歯石とは?

歯肉縁上歯石は、唾液の中に含まれる無機物が石灰化に関わるので黄白色、歯肉縁下歯石は血液成分が石灰化に関与するので暗褐色をしています。
歯石はその表面が粗く、プラークが付きやすい状態であること、そしてその存在がプラークコントロールを妨げるので、取り除く必要があります。

毎日の歯磨きと、定期的な歯石除去が大切になります。

PAGE TOP